ワークショップ

キャパシターとは

キャパシターとは

恒常的にストレスにさらされ、社会変化の激しい現代の日本においては、キャパシターの技法は健康で自分らしい毎日を送るために、どこに暮らす・誰にでも、効果的な技法です。自分たちのためにキャパシターの技法を学び、それを家族や地域へ伝え広げていくことで、自らの生活と地球全体を癒し、よりよい未来へとつなげていくことを目指しています。

キャパシターの創始者

”キャパシター”とはスペイン語で「命を引き出す」という意味です。
キャパシターは、連帯とエンパワーメントを行う国際的ネットワークです。 アメリカ人のパトリシア・ケーンによって開発され、メリノール会のシスターキャサリンとの出会いにより、日本に紹介されました。
     

今後のワークショップ予定

2019年秋

11月2日(土)10時~17時
 3日(日)10時~16時半

 

 

 

 

モジュール4(東京) 修了

※キャパシターを深く学びたい人のためのコース
 モジュール1~4まで、各2日間、合計8日のコース

 2020年4月には、モジュール1(2日間)を開催予定
会場:千代田区麹町6-5 聖イグナチオ教会/岐部ホール
https://www.ignatius.gr.jp/info/access.html
11月8日(金)10時~15時半

 

 

アドバンストレーニング(東京)

※モジュール1~4修了者対象

会場:千代田区麹町6-5 聖イグナチオ教会/岐部ホール 309号室
https://www.ignatius.gr.jp/info/access.html

 

11月9日(土)10時~15時半

 

 

1日ワークショップ(東京)

どなたでも参加できます。

参加費:3000円(予定)
会場:千代田区麹町6-5 聖イグナチオ教会/岐部ホール 309号室
https://www.ignatius.gr.jp/info/access.html


   

 講師:キャパシターインターナショナル代表 パトリシア・ケイン
    (英語+日本語通訳つき)

お申込みはお問合せ・お申込みからお願いします。