キャパシターインターナショナルジャパン

こころとからだのケア体操

キャパシター動画

キャパシターに関する様々なビデオやインタビューがYouTube上のキャパシターインターナショナル・チャンネルで見られます。

その中から、1日ワークなどで紹介される、主なエクササイズを紹介します。
以下の動画は、2013年から何度も来日してキャパシターのワークショップを開催されている、キャパシターインターナショナル代表、パトリシア・ケイン博士が解説・実演されたものです。音声は英語のみですが、実際のエクササイズの具体的な内容を見ながら、自分でやってみることができます。ワークショップの復習にもお役立てください。
(日本語の解説文は「子どものためのキャパシター」冊子より、抜粋、引用しています。)

◆ パルダン・ガム  6分40秒

 中国と韓国古来の伝統的な一連の動作。緊張をほぐし、からだのエネルギー経絡のバランスを整えます。習慣的に行うことで、内臓や経絡から毒素を取り除き、血液と体液の循環をよくし、筋肉や関節の柔軟性と弾力性を養い、姿勢をよくするとともに、数々の慢性疾患を解消することができます。朝、行うことがおすすめです。


◆ タイチ(太極拳) 15分22秒

 ストレスを解消し、気の流れを開放、バランスをとり、健康と幸福を促進する「気」を使った運動。定期的に行うことで、それぞれの型から、からだ・こころ・精神の癒しと調和が得られ、生命の源や宇宙のエネルギーと一体化することができます。


◆ 指にぎり 7分16秒  

 感情をコントロールし、感情リテラシーを高められるとても簡単な方法。1本1本の指には、からだの器官につながり、感情にも関係しているエネルギーの経絡が走っています。深く深呼吸しながら1本1本の指をにぎることで、感情やからだの中のしこりを解き放ち、気持ちを安定させていくことができます。音楽を聴きながら瞑想のように行ってもよいですし、寝る前にその日に起きた問題を消し去り、からだ・こころ・精神を深くリラックスさせたいときに行うのもよいでしょう。

◆ 感情開放タッピング 6分26秒 

 EFT: Emotional Freedom Tapping  
 8つのツボを7~9回ずつ繰り返しタッピングすることで、閉塞感のある個所の滞りを取り除き、からだ・こころ・精神における健康的なエネルギーの流れを促進できるようになります。

 補足:動画の途中で「取り組む問題」を思い浮かべ、タッピングしながら不安のレベルが減少するのを感じるよう指示されていますが、特に問題を考えなくてもかまいません。手の側面をタッピングするときには、自分で考えたアファーメーション(自分への肯定的な言葉がけ)を自分で考えて変更してもかまいません。
例:「私は私のままでいい、私は私を大好きになります。」

 

◆ 頭、首、肩の痛みの解放 19分27秒

 背中、肩、警部や頭部の痛み、緊張やうっ血を開放する指圧療法。人がトラウマやストレスを経験すると、しばしばエネルギーが肩、首、頭につまり、緊張の「こり」を招きます。少し曲げた指先で、6つのポイントを1~2分間、押します。スポーツ、勉強、コンピュータの作業、ストレスから発生した痛みを癒します。